1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

デジット

心のままに綴ります ★とろ~りメイプル★

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 子育て

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ようやく・・・。

我が家の3人の息子たち

本来ならもう、今年には家を出て
独立するはずだったのに

震災・・・もあって
一年上京することを延ばしたのです

ですが

満を持して来年1月に

長男&次男が行くこととなり

あたしには、一年間という心の区切る時間を与えてもらいました

情けない・・・母ですね~
寂しさに押しつぶされそうになったり
不安で夜中に目覚め
悶々とした日を過ごしたり

そういうことを繰り返す一年でもありましたが

今・・・あたしは
とても心穏やかになれることが出来ました

飛躍の年となるであろう龍の年

天に向かってドンドン駆け上がるような飛躍を祈り

来年・・・笑って

「いってらっしゃい!!」と見送ってやれそうです!

時間かかりました

やっと、晴れやかな年の瀬です





06

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ヒミズ



「ヒミズ」を読んだ

滅多にアニメは読まない
でも
この本だけは気になってた・・・

笑えない漫画

絶望は文字通り希望が断絶されること

たった15歳やそこらの少年が先進国日本で本当に絶望しているのは
単純に与えられるべき人の温かさや衣食住への不足ではない

彼はそれらを含めて社会にあるすべてのレールに対する
どうしようもない矛盾とその不公平に気づいてしまった

気づかなければ何も壊れずそのまま進められる人生なのかもしれないという虚しさも


どうしようもない・・・父
どうしようもない・・・母

こんな世界
現実にあったら

地獄

救いはない・・・

子供・・・って
親にとって
大人にとって

すべてを捧げて慈しんで生れ落ちてから
育てていくこと

そう信じてきたことが
間違ってなかったってこと

犬のしつけと違って
何もかもが真剣にそのときそのときに
向き合わないと
取り返しがつかない

「世の中にはとてつもなく苦しいハンディを背負っても明日に向かい頑張って生きている人がたくさんいるんだ」
「いいかい!?地獄ってのはねそんなモンじゃないよ!一生だよ一生!! 一生つらく悲しく苦しい日々を生きていく事なんだよ!!それを1年でさっさと逃げちゃおうなんて虫がよすぎる!!冗談じゃないよ!」

この台詞・・・変態男がまっとうなことをいう台詞

頭では分かってても
言うのは簡単

でも

なんだか、主人公「住田」が・・・・。

愛ある世界で良かった・・・。

28

Category: 子育て

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

初めての体験♪

会社が家の近くの為
お昼休みは必ず、家に戻るのです

この日は長男・次男が家にいてたんですが・・・

「ただいまぁ~」

と、とんとんと階段を上がってリビングに行くと
プゥ~ンといい匂い~



和室のテーブルをみると!!


なんと!「オムライス」!!やん!!!
オムライス-2

これは、あたしの分!!!
オムライス


長男主導で次男がアシスタント

昼食を作って、待っててくれたんです!

「あぁ・・・嬉し!!」

生まれて初めての体験です!!

そりゃもう!!美味しかった♪

泣きそうになるくらい美味しかった♪

心もお腹もいっぱい♪いっぱい♪

ほんま!ありがとう!!

また!頼むわぁ~~な!!




19

Category: ぶらり&グルメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

休日のお蕎麦!

この間の日曜日のお昼に・・・・

「さんが」っていうお蕎麦屋さんへ行ってきました

早い目に行かないと行列のお店です

ぐぅーーーって鳴るお腹を押さえて

奇跡的に4人掛けのテーブルが空いてて・・・ラッキー!!


息子が頼んだ・・・「かき揚げおろし蕎麦」についてきた生わさび
さんが-3

で、運ばれてきた「かき揚げおろし蕎麦」でかい!!
さんが-2

旦那さんが注文した「栗釜飯と暖かいお蕎麦定食」
さんが-4

これがあたしが注文した「きのこ釜飯と暖かいお蕎麦定食」
さんが

我が家の習わしで、一通り回し食べ(笑)して
すべての味を味わい

大満足して・・・・

あぁ~!!オイシカッタァ!!





11

Category: ぶらり&グルメ

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

休日に!


三連休の昨日

旦那さんが休日出勤のために
どこへも遊びに行かずに

もっぱら、冬支度のための布団の入替・洋服の入替・・・

疲れたぁ~(まだまだ暑いけどな)

でね

昼食を息子たちと本格カレーをと

インド料理 BINDU

行って来ました!

ランチセットB

まずはサラダ!(これは珍しくもないけどね)
=カレー2

カレーの辛さはHOTをチョイス(5段階の3です)
カレー

このセットについてるダンドリーチキンが・・・なんとも美味い!!

このあと

チャイを頂いて

休日のブランチ!!

なんか、自己満足です!(笑)








07

Category: 戯言

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

予想外の嬉しい出来事

高校生からの友達から

突然の贈り物♪

誕生日でもなく
なんの記念日でもないのに

彼女は久しぶりに会った際に

これ↓をもって来てくれた!!

「えっ?なに!!!これ?」
 
「ええから、開けて!!」


真っ赤な箱を開けてみると
cartier-2.jpg

こんな風な黒い布製の袋に入ってた
cartier-3.jpg

そして出してみると
Cartierならではの、赤の手帳!!
cartier-4.jpg
cartier-5.jpg

「どうして!こんなにいいもの・・・」と、言葉をなくしてると

「高校生のころから、字を書くのが好きやったやろ!
 だから、ここに好きなようになんでも・・・
 あんた・・・字が綺麗やったし・・・」

「でも・・・・」

嬉カッタァ!!
口ごもりながら
ありがとうもろくに言えずに・・・アホやなぁ~あたし

予想外の出来事に・・・ほんと不器用

でも

ほんまに嬉しかった!!

高校生のころに戻った瞬間でした

「コチャボ(彼女のあだ名)!!ありがとう!!大切に使わせてもらうわな!」


でも、もったいなくって・・・書かれへんやん・・・・





28

Category: ぶらり&グルメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

吉本NSC29喜劇~「うわっ、NSC29期生や!みんな死んだふりせぇ」「誰がNSC29期生や!」~

高校生の頃からの友達と(10年ぶりぶり♪)難波で会いました!

お互い年とって誰か?わからんかったら・・・という
不安感を覚えつつ
高島屋前で待ち合わせ!して

「いやぁ~!!よかった!!変われへんやん!!」(多少年とっとるなぁ!)
「あんたもやん!!」(年取りよったなぁ!!)とたぶん心の声・・・・

この出会いは
9月27日(火)
吉本NSC29喜劇
~「うわっ、NSC29期生や!みんな死んだふりせぇ」「誰がNSC29期生や!」~

を一緒に楽しむためのものです

さっそく、腹ごしらえと称して
すし屋へ直行

生ビール片手に


あなご!
susi-2.jpg

生げそ!
susi-1.jpg

ほとんど、食べることと喋ることに夢中で
写真わすれちゃいまして
かろうじて、後半に気が付いた分だけの写真となってしまいました・・・。

7時開場 7:30開演
NGKでの舞台
29期

ほとんど客席は埋まってて
活気のある中

思いっきり笑わせて頂きました!

あっという間の2時間ちょっと!

5UPメンバーもいてかなり芸達者な新喜劇でした

 
出演]見取り図/吉田たち/コマンダンテ/ブランチ/ヘンダーソン/キャサリン/やまだひろあき/
信濃岳夫/金原早苗/畠山龍也/山元康輔
[ゲスト]ジャングルポケット

これが2回目の新喜劇
また・・・3回目あったらええのになぁ~


また!いこ!




24

Category: 戯言

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

キングオブコント2011

毎年、恒例「キングオブコント」

今回あたしは非常に楽しみにしてだけに
面白かった~

インパルス

2700

TKO

モンスターエンジン

トップリード

鬼ヶ島

ロバート

ラブレターズ


のなかで

優勝は・・・ロバートだった

決勝戦を見てて

あたしが優勝しても?って思うに

☆2700 か ☆ロバート(一本目がダントツ面白かった)

前から注目コンビが2700であのリズム感は癖になりそう!!だったから
(頭のなかにあのリズムが出てきちゃうんだよね~)

だから決勝戦に出てきてくれるのを非常に楽しみにしてたわけで

それにしても

声を出して笑っちゃったのは・・・モンスターエンジン(西森面白すぎ!!)
そして・・・・・・・・・・・・・インパルス
そして・・・・・・・・・・・・・TKOの二本目の「ポーランドのくだり」

優勝は2700かロバートかどっちだろう?と予想

やはり!ロバートの勢いが良かったかもしれないな!(一本目が面白すぎたしなぁ~)

2700の今後に期待して!

ロバートおめでとう!!




17

Category: 映画

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

紀子の食卓(2005)

4540f363.jpg



■キャスト

吹石一恵 :島原紀子
つぐみ  :クミコ(上野駅54)
光石研  :島原徹三
吉高由里子:島原ユカ
並樹史朗 :池田
宮田早苗 :島原妙子
三津谷葉子:みかん
安藤玉恵 :決壊ダム
渡辺奈緒子:廃人5号
古屋兎丸 :喫茶店の男
手塚とおる:ひげの男
季鐘浩

■ストーリー 島原紀子(吹石一恵)は、17歳の平凡な女子高生。
妹・ユカ(吉高由里子)、新聞記者の父・徹三(光石研)、母・妙子の4人家族。紀子は田舎でくすぶっている自分や、家族との人間関係に苛立ちを感じていた。

そんな中、学校の情報室で“廃墟ドットコム”という全国の女の子が集まるサイトを見つけた紀子はそこで「ミツコ」と名乗り、ハンドルネーム「上野駅54」や他の仲間たちと知り合う。

彼女たちとなら何でも分かり合えると感じた紀子は、ある停電の夜、家出して東京へ向かう。

東京で紀子は「上野駅54」ことクミコ(つぐみ)と知り合い、彼女が経営する"家族サークル"とも言えるレンタル家族の一員となる。
そこで紀子は「ミツコ」として"娘"の役割を演じながら、本物の家族との関係、本当の自分との関係を実感していく。


面白く見ました

怖くでもあったのですが
こんな世界も描けるのかと

タンタンとしたモノローグで語られていく物語。
助走がかなり長いのですが中盤から終わりまでは
あっという間という印象。

一度見ただけだと「ん?」となる部分があるのですが
複雑なこの物語の結末は非常にウマク整理されている。

ふりも効いてて・・・・
なかなか、見応えがありました!


27

Category: 映画

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

【愛する人】

愛する人

監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア
エリザベス(娘、37歳、弁護士)/ナオミ・ワッツ
カレン(51歳、エリザベスの母親)/アネット・ベニング

あらすじ

14歳の時、カレン(アネット・ベニング)は恋人の子供を身籠るが、母親の反対で娘を手放すことになる。
36年後。
周囲との深いかかわりを避けてきた彼女は、介護をしながら一緒に暮らす年老いた母に対して、素直に接することができないでいた。
職場で出会ったパコ(ジミー・スミッツ)はそんな彼女を理解してくれるが、関係はうまくいかない。
だた、名前も顔も知らぬわが娘を密かに想い、届く事のない手紙を書き続ける日々。

一方、母親の愛情を知らずに育ったエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、弁護士として成功。
孤児であることを否定するように、物事に執着せずキャリアアップの人生を歩んでいた。
だが、彼女に予想外の出来事が起こる。
同じ会社のボス(サミュエル・L・ジャクソン)の子供を妊娠してしまったのだ。

この出来事が彼女を変える。今までのキャリアを捨て、産むことを決意したのだ。
これにより、彼女はずっと閉ざしていた母の存在を意識し始める。

その頃、カレンの母親が亡くなる。
生前、母に対して本当の気持ちを伝えられなかったことを悔やむかのように、カレンは娘を探し始める。

同じ頃、黒人女性のルーシー(ケリー・ワシントン)は、愛する夫と家庭を築きながらも、子供を産めない体であるため、養子縁組を決意。
教会に登録し、ある妊婦と巡り会う。
不意の妊娠で生まれてくる子供を養子に出そうとしていた女性だったが、実際に生まれると子供を手放せなくなってしまう。
失意のルーシー。
そこへ、登録していた教会から連絡が入る。それが、見知らぬ母と娘を結びつけることになる。
若くして産んだ娘を手放したことを後悔しながら生きてきたカレン。
母の愛を知らずに、拒絶することが当たり前になっていたエリザベス。

母と娘の空白の36年間。決して重なるはずのない2人の人生を、一つの小さな命が引き寄せようとしていた。


ナオミワッツこと、エリザベスがたまらなく切ない・・・
こんなに悲しいことってある?っていう想いにかられる

子供って・・・

こんなにもお互いに求め合ってる親子関係が今・・・心に沁みていく

エリザベスが、盲目の少女と言葉を交わす場面には、とりわけ心を打たれる
タフでドライに生きてきたはずの彼女もまた、多くのわだかまりを乗り越えて、愛されたいと願う女性

実力派アネット・ベニングの存在感と、現実でも当時妊娠中で、自身の妊婦姿を披露するほど入魂の演技を見せるナオミ・ワッツ、子供を産めず養子縁組を切望する黒人女性ルーシーを演じるケリー・ワシントンの名演は言うまでもないが、脇を固めるサミュエル・L・ジャクソンも見事

この物語には、悲痛な死もあれば新しい命もある。

女性たちの思いが結実して誕生した小さな命が結ぶのは、未来への希望。
陽だまりのラストシーンが、忘れがたい余韻を残してくれた

抜粋



心に襞に触れる・・・いい映画でした!



プロフィール

twngmg

Author:twngmg
シルバーバックを愛して止まない
主婦のブログ

旬の食材
TIME
デジットの庭
雲バージョン
ブログパーツ
byできるじゃん
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。