1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

デジット

心のままに綴ります ★とろ~りメイプル★

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ヒミズ



「ヒミズ」を読んだ

滅多にアニメは読まない
でも
この本だけは気になってた・・・

笑えない漫画

絶望は文字通り希望が断絶されること

たった15歳やそこらの少年が先進国日本で本当に絶望しているのは
単純に与えられるべき人の温かさや衣食住への不足ではない

彼はそれらを含めて社会にあるすべてのレールに対する
どうしようもない矛盾とその不公平に気づいてしまった

気づかなければ何も壊れずそのまま進められる人生なのかもしれないという虚しさも


どうしようもない・・・父
どうしようもない・・・母

こんな世界
現実にあったら

地獄

救いはない・・・

子供・・・って
親にとって
大人にとって

すべてを捧げて慈しんで生れ落ちてから
育てていくこと

そう信じてきたことが
間違ってなかったってこと

犬のしつけと違って
何もかもが真剣にそのときそのときに
向き合わないと
取り返しがつかない

「世の中にはとてつもなく苦しいハンディを背負っても明日に向かい頑張って生きている人がたくさんいるんだ」
「いいかい!?地獄ってのはねそんなモンじゃないよ!一生だよ一生!! 一生つらく悲しく苦しい日々を生きていく事なんだよ!!それを1年でさっさと逃げちゃおうなんて虫がよすぎる!!冗談じゃないよ!」

この台詞・・・変態男がまっとうなことをいう台詞

頭では分かってても
言うのは簡単

でも

なんだか、主人公「住田」が・・・・。

愛ある世界で良かった・・・。

スポンサーサイト

14

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

『阪急電車』 有川 浩



この人の小説を初めて読んだ。
とっても、読みやすく、一日で読み終えた。

電車は乗車しているひと分の人生を乗せて、片道わずか、15分の電車の旅。

こんな風に、自分が電車を乗った時に、意識もしていなかった時間に
見事に、リンクされていく人生が絡み合って
読んでいて楽しかった。

こんなのありえないよーーってつっこみながら
後味のとってもいい、ホッとする小説だったなぁ~

こういう電車の時間をあたしも体験してみたいなと・・・。

ほっこりする小説でした。ハイ

07

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

『東京タワーとオカンと僕と時々オトン』 リリー・フランキー

東京とオカン

リリーさんはやばいですやられました。

2回映像では見たんです。

一回は、大泉洋さん、田中裕子さんのTVドラマ編
もう一回は、長男に誘われてっていうか、長男がもらってきたただ券で二人で映画館へ

そして、今回初めて本を読みました。

母のいない人はいないです。

だから、一度は読んでみてください。


「僕が一番恐れている事」「いつか本当にやってくる恐怖」



そう、りりーさんは本の中で何度も叫んでいます。

そう、その通りですよリリーさん

見事に、自分の母親と重ねて読みました。

亡くした母の思い出を一から辿っていました。

ほんとに、お涙頂戴の本ではなく

血の通った
心のなかでうまく(あたしが)表現出来ずにいた感情を書き綴ってくれてるいい本です。


母さんが生きてる人は、すぐにでも電話をしたくなる・・・

もう、すでに亡くしてるひとは、ありがとうって、言ってみたくなる・・・


リリーさんにほんとにやられました。


プロフィール

twngmg

Author:twngmg
シルバーバックを愛して止まない
主婦のブログ

旬の食材
TIME
デジットの庭
雲バージョン
ブログパーツ
byできるじゃん
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。